FC2ブログ

結婚ブログランキング


お気に入り追加


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
招待状 付箋のつくり方
招待状 付箋のつくり方

付箋は、挙式参列や余興・スピーチ等のお願いなどのその旨を伝える小さな紙です。

付箋をつくるにあたり、特に決まりごとやサイズ等の規定はありませんので、ここでは、三パターンのテンプレートを用意して、MS-WORDによる作成方法をご説明します。

つくり方(文章の編集)として

(1) 編集前準備
  ・文章とテンプレートの選択
(2) 編集と仕上げ微調整
(3) 枠罫線の扱い方
(4) 印刷位置の調整

の作業をします。


付箋の編集手順
(1) 編集前準備
① 文書を選択
 本サイト「付箋本文例(サンプル)一覧」から、例文を選びます。
 (選んだ例文をメモ帳などのテキストエディタにコピーしておきます。)
② テンプレートを選択
 本サイト「付箋テンプレート集」から、お好みのWORDテンプレートをダウンロードします。

例文は、テキストエディタで正しい文書に修正しておいてください。

(2) 編集と仕上げ微調整
① ダウンロードしたWORDテンプレートを開き、例文をコピー&ペーストします。
② 文章の行区切れを正します。
 言葉の切れが良いところで、3行くらいにします。
 文字の大きさも調整します。
③ 行間調整します。
 ・ 行間調整文字をマウスで選択(ドラック)します。
 ・ WORDツールバーの「書式」 - 「段落」を選択して、段落プロパティを呼び出します。
 ・ 段落プロパティの 「行間」を[固定]にし、「間隔」をポイント値に指定します。
 テンプレートの間隔値は、 25point に設定しています。
 ・ 先頭行のみ、マウスで選択(ドラック)します。
 ・ WORDツールバーの「書式」 - 「段落」を選択して、再び、段落プロパティを呼び出します。
 ・ 段落プロパティの 「行間」を[固定]または[最小値]にし、「間隔」を文字ポイント値またはそれ以下の値を指定します。


「行間」 - [最小値] 、 「間隔」 - [12ポイント] にしています。

※ 先頭行のみを再設定する理由
 下図のように、行間値分が行の長さになるため、見た目、文字全体が下がりぎみになってしまいます(左側列)。そのため、先頭行のみ、文字サイズのポイントで行間設定することで、中央揃えになります(右側列)。
(3) 罫線枠の扱い方
本サイトの「付箋テンプレート」は、ご購入された用紙規格に合うテンプレートの保障がないため、普通紙(ノーカッティング用紙)を想定した、薄いグレー線(カット線)をいれています。
そこで、規格に合う用紙だった場合、罫線枠はいりませんので、罫線枠の実線を「線なし」状態にする必要があります。
以下にそのやり方を説明します。
① ページ内の全文字を選択します。
 ・ キーボードの「Ctrl」を押しながら「A」を押します。
②  WORDツールバーの「罫線」 - 「線種とページ罫線と網かけの設定」を選択して、線種とページ罫線と網かけの設定プロパティを呼び出します。
 ・ テンプレートの設定は、薄いグレーの実線で設定しています。
③ プロパティの左上「罫線なし」をクリックします。
 右側のプレビューに罫線がなくなっているのが確認できます。
以上で、罫線の印刷はされません。
(4) 印刷位置の調整
印刷する場合、必ず印刷位置の確認をする必要があります。
ご存知のように、プリンタの種類に応じて、印刷範囲が異なり、用紙の規格レイアウトも不統一であるため、実際にヤレ紙に印刷して確認します。

印刷のズレが確認されたら、余白の調整で位置あわせしていきます。

・「ファイル」→「ページ設定」→「余白」の上下左右の余白値(mm)で調整します。
そして、「印刷」して再度確認します。
以上、確認後印刷できます。


招待状 付箋の作り方  

タグ : 招待状 追伸カード 付箋 つくり方 テンプレート 手作り 文例 例文 結婚式 ブライダル


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。