FC2ブログ

結婚ブログランキング


お気に入り追加


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
案内状印刷時の注意事項
案内状印刷時の注意事項

 招待状「案内状」印刷時の注意事項です

 ・< 共通注意事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項

 ・< 案内状印刷注意事項 >
    案内状のみ注意事項

 ・< プリンタ事前テスト確認事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項




< 共通注意事項 >

・インクジェットの場合、封筒用紙は上質紙のような紙質ですので色は沈んで少し暗い色になります。
 紙の色によっても色のくすみ方は異なります。

・印刷範囲領域(上下左右)の余白が必要です。

 (1) プリンタ機種仕様による印刷範囲制限を確認しましょう。
   最近の機種は「フチなし印刷」が可能なため問題ありませんが、旧機種の場合確認してください。

 (2) 郵便局では、宛名記載範囲取り決めしています。
   官製はがきを例にすると、上下左:10mm 右:15mmの余白 と 切手の部分:横35mm×縦70mm は、宛名記載対象外としています。

   [ 参照サイト ]
   http://www.post.japanpost.jp/zipcode/zipmanual/p46.htm


 かと言って、上下左右の余白に文字が掛かっていても配達されますので大丈夫です。
 ただ、切手の部分は、消印が付きますので文字と重なり相手に失礼のないようにしてください。

< 案内状印刷注意事項 >
・プリンタの仕様にあった厚さの用紙をご使用ください (厚すぎないこと)。
 プリンタの厚紙調整を忘れないでください。

厚すぎると、
インクジェットプリンタの場合、インクヘッドを傷つけてしまい修理費(買い替え)が高くついてしまいます。
また、レーザープリンタの場合、用紙を搬送できず、用紙を汚してしまいます。
・中央に折り目のないものを極力お選びください。
 重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)の原因になりやすいです。

 折り目付いた用紙をどうしても使いたい場合で重送したら、一枚一枚手差ししながら手間ですが、印刷してみてください。

・その他、重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)、紙詰まりになりやすい要因
 ・シワや折り目の付いたハガキを使用した場合
 ・湿気を含んでいるハガキ
 ・ハガキの角が反っている場合
 ・ハガキの紙粉やカット周囲のバリ(紙の繊維が糸状にはみ出していること)がある場合

 少しでも汚れがでるようなら、プリンタのヘッドクリーニングをこまめにする必要があります。




[ プリンタ事前テスト確認事項 ]
< 共通注意事項 >
・使用できる封筒サイズと厚さ、給紙セット枚数、用紙の向きの確認

< 一般案内状の場合 >



↓↓↓
給紙口へ




・インクジェットタイプの場合はインクの速乾性とニジミの確認。

・封筒印刷時のシワの発生の確認

・手差し給紙機構の確認(洋型封筒は厚くなりますので、厚紙対応操作の確認)

・レーザープリンターの場合、封筒印刷時の定着性の事前確認(洋型封筒の紙質や紙厚により、定着性が異なり、特に注意が必要です)
 ① 貼りあわせ部分にかかる文字が、欠けたり、カスレたりしないか
 ② 印刷した後、印刷文字を指で軽くこすり、定着しているかどうか確認
   (プリンタの設定を封筒または、厚紙モードか確認:プリンタマニュアル参照)

・ご使用機器の取り扱い説明書に記載されている注意事項を確認


封筒・ハガキの印刷メニュー 


タグ : 案内状 印刷 注意 注意事項 無料 招待状 結婚式 トラブル 対処方法 解決方法


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。