FC2ブログ

結婚ブログランキング


お気に入り追加


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
招待状 封入確認と投函
招待状 封入確認と投函

招待状の作成は終わり、後は念には念入りに、最終確認作業をします。
ちょっとした見落としで、今までの苦労が台無しになってしまいますので!!




[ ハガキ封入作業の注意点 ]

■ 招待状の手渡しの場合、糊付けをせずに寿シールのみで押さえるだけにします。
■ 郵送の場合、糊付けをした後に、寿シールを貼ります。
■ 封筒・返信ハガキに、必ず切手を貼ります。
  手渡しの場合でも返信ハガキには必ず切手を貼りましょう。




[ 封入物の最終確認 ]

招待状の封入物に見落としが無いように確認します。
通常、以下のものが入りますのでチェックします。
得に注意したいのは、付箋(依頼状)を個人別に間違いがないか気をつけてください。

1 招待状本状 (案内状)
2 返信はがき (切手貼り済み、受取人住所氏名印刷済み)
3 挙式の案内の付箋 (挙式に参列依頼する人のみ)
4 祝辞、乾杯、余興、受付、一般スピーチなどの付箋(依頼状)
5 会場案内図、交通案内
  (電車・車からの案内、駐車場なども)
  (宿泊の人にはホテルのご案内も)
6 表紙
  (今はほとんどやりませんが、上記のものを封筒に直接入れず、上品な表紙で包んでから封入します。細やかな心遣いと温かいおもてなしの心で、ご招待できます。)


確認できたら、後は郵便局・ポストへ投函します。
お疲れ様でした。


[招待状] 封入・切手貼りメニュー 


タグ : 招待状 結婚式 封入 確認 投函 封入順 つめ方確認 封入順序 封入順番 最終確認


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
招待状 封入の仕方・封入順
招待状封入の仕方(封入順)

招待状の入れ方については、いろいろな意見がネット上に溢れています。
人それぞれ思いも異なれば、考え方も違ってきます。
初めて手作りする方にとっては、何を信じていいのか悩んでしまうことでしょう。


[ いろいろな封入の仕方 ]

(意見の異なるネット情報内容)

・封筒の表(宛名側)と中身の表を同じ表向きに封入する
・封筒の表(宛名側)と中身の表を逆向きにして封入する
・返信ハガキ・案内地図・付箋等を案内状に挟み込んで封入する
・案内状、返信ハガキ、案内地図、付箋の順に封入する
・案内状、返信ハガキの順に封入し、細かい物(案内地図、付箋等)は、案内状に挟み込む



ご覧のように、地方や式場ごとにやり方はマチマチなのです。
ですから、特にこれだと言う決まりも見当たらず、結局ご利用される式場に相談して判断しているのが現状です。

それでも、ある程度、納得した上で製作したいものです。
以下に、参考として、一般的な考え方をご紹介いたします。
皆様の悩みごとの手助けになれば大変うれしいです。




< 一般例としたお祝い事の封入例 >
[ 封筒縦書きの例 ]

封筒(裏)のふたの部分を右側にして封を閉じ、封筒(裏)左側に自分の名前、住所を書きます。(弔事の時は反対です。)
封入は、封筒(裏)右側を開けたとき、案内状の折り(リボン)が右側になる状態で招待状を入れていただくと、ちょうど招待状が表向きの正面になるように封入します。
(封筒裏側から見て、中身は表向きに入れます。封筒と中身が反対向き[下図]になります。)
これは、封書と中身の表裏を反対にして封入することは「凶」とされたこの日本古来からの風習としたルールに関わらず、送る相手の招待客に対して、優しい心遣いで持て成すことを優先して、封を開けた時に見やすい状態に封入するのが良いと思います。

お祝いごとの贈り物(金品等)を渡す場合は風習どおりにしたほうが良いと思いますが、あくまでもご招待する案内状ですので、気持ち(心)を優先に考えた方が良いと思います。

何よりも、式場のご担当さまにご相談され、その式場での考え方も参考にして取り入れる方が良いでしょう。

また、封入物の形状やリボンの形を保つために、入れやすさを優先していただいても良いと思います。(意外とリボン・紐が太くて、うまく封筒に納まりにくいときがありましたから。)

案内状が右開き、左開きの場合でも、基本として、封筒を開けたとき中身が見やすい状態で封入します。
案内状が左開きの場合だけ、挟み込むやり方もOKです。[下図]




[ 封入する順番 (例) ]

① 案内状
② 返信ハガキ
③ 案内地図
④ 付箋

「サイズ大きいものから順に重ねていれる」順で封入します。
何が入っているのか、ひと目で分かるようにします。


②、③、④を案内状に挟んでも良いです。

この時、案内状で挟み込む理由として、封筒から招待状を取り出したときに封筒の中から取りこぼしがないようにする為と言う人がいます。
でも、実際に挟み込んでも、小さいサイズの付箋はどうしても抜け落ちしてしまいます。
あまり確信のもてる理由にはならず、逆に、挟み込んだ中身が抜け落ちて、気がつかない場合がありますので、小さいサイズには特に注意が必要になります。

もし挟む必要があるとすれば、封をした封筒の外側から、中身が透けて見えるときに、案内状で挟み込んで目隠しをする場合が考えられます。

ケースbyケースでご判断してください。
何よりも、「開封したら正面に、中身が分かりやすく封入することが大切」と考えます。


[招待状] 封入・切手貼りメニュー 


タグ : 招待状 結婚式 封入 仕方 つめ方 順序 順番 入れ方 手作り


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。

ご結婚される幸せなお二人に、ちょっと「ブレークタイム」

今流行のテレビ・雑誌で超人気「脳内メーカー」で、お二人の相性を覗いてみませんか?

脳内メーカー」とは、入力フォームに名前だけを入力し、ボタンをワンクリックするだけで、その人の「脳内図」を漢字で表現作成してくれるというサービスです。

「脳内図」は、人の横顔図が表示され、脳に当たる部分に「食」「遊」「愛」「金」「H」などといった文字が並んででてきます。
「遊」の周辺が、「H」で囲っていたら、超下心丸見えエロエロ星人にみえませんか?

ちなみに、私の脳内イメージは、


「脳内メーカー」の私の脳内イメージ


愛にあふれて、仕事も遊びも切り分けた性格。
見事にそのままでました!! ヤッター!!
(悪いイメージでなくてよかったです!!)

面白半分、遊んじゃってください。


[ サイト紹介 ]

脳内相性メーカー
http://maker.usoko.jp/nounai_ai/




脳内メーカー
http://maker.usoko.net/nounai/

前世の脳内メーカー
http://maker.usoko.jp/nounai_zense/

脳内フェチメーカー
http://maker.usoko.jp/nounai_feti/

その他.....

『高校メーカー』
『Tシャツメーカー』
『都市メーカー』
『戦隊メーカー』
『相撲部屋メーカー』
などは、こちらから
↓↓↓↓
http://maker.usoko.net/


また、脳以外に、

体内メーカー
http://seibun.nosv.org/tainai/

もありました。




人気になった最近のメディア紹介です。

【テレビ】

2007年9月08日
『エンタの神様』(日本テレビ系)

2007年9月06日
『うたばん』(TBS系)

2007年9月05日
『オリキュン』(フジテレビ系)

2007年8月26日
『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ系)

2007年8月18日
『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)

2007年8月17日
『さんまのまんま』(フジテレビ系)

2007年8月15日
『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)

2007年8月15日
『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)

2007年8月11日
『やりすぎコージー』(テレビ東京系)

2007年8月1日
『カートゥンKAT-TUN』(日本テレビ系)

2007年7月31日
『ズームインSUPER』(日本テレビ系)

2007年7月29日
『アッコにおまかせ!』(TBS系)

2007年7月25日
『スーパーモーニング』(テレビ朝日系)

2007年7月23日
『めざましテレビ』(フジテレビ系)

2007年7月21日
『王様のブランチ』(TBS系)

2007年7月18日
『はなまるマーケット』(TBS系)


【雑誌】

『FLASH』
(2007年9月18日号)

『女性自身』
(2007年9月18日号)

『週刊アサヒ芸能』
(2007年9月6日号)

『週刊ポスト』
(2007年8月24日号)

『日経エンタテイメント!』
(2007年9月号)

『女性セブン』
(2007年8月16日号)
(2007年9月6日号)


タグ : 脳内図 脳内メーカー 相性診断 結婚 無料 超人気 テレビ 雑誌 名前入力 流行


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
案内状印刷時の注意事項
案内状印刷時の注意事項

 招待状「案内状」印刷時の注意事項です

 ・< 共通注意事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項

 ・< 案内状印刷注意事項 >
    案内状のみ注意事項

 ・< プリンタ事前テスト確認事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項




< 共通注意事項 >

・インクジェットの場合、封筒用紙は上質紙のような紙質ですので色は沈んで少し暗い色になります。
 紙の色によっても色のくすみ方は異なります。

・印刷範囲領域(上下左右)の余白が必要です。

 (1) プリンタ機種仕様による印刷範囲制限を確認しましょう。
   最近の機種は「フチなし印刷」が可能なため問題ありませんが、旧機種の場合確認してください。

 (2) 郵便局では、宛名記載範囲取り決めしています。
   官製はがきを例にすると、上下左:10mm 右:15mmの余白 と 切手の部分:横35mm×縦70mm は、宛名記載対象外としています。

   [ 参照サイト ]
   http://www.post.japanpost.jp/zipcode/zipmanual/p46.htm


 かと言って、上下左右の余白に文字が掛かっていても配達されますので大丈夫です。
 ただ、切手の部分は、消印が付きますので文字と重なり相手に失礼のないようにしてください。

< 案内状印刷注意事項 >
・プリンタの仕様にあった厚さの用紙をご使用ください (厚すぎないこと)。
 プリンタの厚紙調整を忘れないでください。

厚すぎると、
インクジェットプリンタの場合、インクヘッドを傷つけてしまい修理費(買い替え)が高くついてしまいます。
また、レーザープリンタの場合、用紙を搬送できず、用紙を汚してしまいます。
・中央に折り目のないものを極力お選びください。
 重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)の原因になりやすいです。

 折り目付いた用紙をどうしても使いたい場合で重送したら、一枚一枚手差ししながら手間ですが、印刷してみてください。

・その他、重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)、紙詰まりになりやすい要因
 ・シワや折り目の付いたハガキを使用した場合
 ・湿気を含んでいるハガキ
 ・ハガキの角が反っている場合
 ・ハガキの紙粉やカット周囲のバリ(紙の繊維が糸状にはみ出していること)がある場合

 少しでも汚れがでるようなら、プリンタのヘッドクリーニングをこまめにする必要があります。




[ プリンタ事前テスト確認事項 ]
< 共通注意事項 >
・使用できる封筒サイズと厚さ、給紙セット枚数、用紙の向きの確認

< 一般案内状の場合 >



↓↓↓
給紙口へ




・インクジェットタイプの場合はインクの速乾性とニジミの確認。

・封筒印刷時のシワの発生の確認

・手差し給紙機構の確認(洋型封筒は厚くなりますので、厚紙対応操作の確認)

・レーザープリンターの場合、封筒印刷時の定着性の事前確認(洋型封筒の紙質や紙厚により、定着性が異なり、特に注意が必要です)
 ① 貼りあわせ部分にかかる文字が、欠けたり、カスレたりしないか
 ② 印刷した後、印刷文字を指で軽くこすり、定着しているかどうか確認
   (プリンタの設定を封筒または、厚紙モードか確認:プリンタマニュアル参照)

・ご使用機器の取り扱い説明書に記載されている注意事項を確認


封筒・ハガキの印刷メニュー 


タグ : 案内状 印刷 注意 注意事項 無料 招待状 結婚式 トラブル 対処方法 解決方法


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
封筒印刷時の注意事項
封筒印刷時の注意事項

 招待状封筒「宛名・差出人」両面印刷時の注意事項です

 ・< 共通注意事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項

 ・< 封筒印刷注意事項 >
    封筒のみ注意事項

 ・< プリンタ事前テスト確認事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項




< 共通注意事項 >

・インクジェットの場合、封筒用紙は上質紙のような紙質ですので色は沈んで少し暗い色になります。
 紙の色によっても色のくすみ方は異なります。

・印刷範囲領域(上下左右)の余白が必要です。

 (1) プリンタ機種仕様による印刷範囲制限を確認しましょう。
   最近の機種は「フチなし印刷」が可能なため問題ありませんが、旧機種の場合確認してください。

 (2) 郵便局では、宛名記載範囲取り決めしています。
   官製はがきを例にすると、上下左:10mm 右:15mmの余白 と 切手の部分:横35mm×縦70mm は、宛名記載対象外としています。

   [ 参照サイト ]
   http://www.post.japanpost.jp/zipcode/zipmanual/p46.htm


 かと言って、上下左右の余白に文字が掛かっていても配達されますので大丈夫です。
 ただ、切手の部分は、消印が付きますので文字と重なり相手に失礼のないようにしてください。

< 封筒印刷注意事項 >
・封筒の宛名書き方向は、「表の宛名面」と「裏の差出人面」ともに、「縦書き」または「横書き」の向きを統一して揃えます。

・封筒のノリシロ(フラップ)を必ず折った状態でプリンターにセットしてください。

・封筒給紙(封筒挿入口)時、封筒の向きと印刷プロパティの用紙向きにご注意ください。
 
 封筒のノリシロ部分(フラップ)を折った状態で、封筒給紙口へセットしてください。


↓↓↓
給紙口へ
・封筒の折り目や張り合わせがキレイでない封筒は、プリンター内でひっかかり用紙が詰まったり、印字ヘッドが用紙にさわってヨゴレたりします。ご注意ください。
 もしこのような現象がおきた場合、折り目をしっかり折ってから印刷してみてください。

折り目→
↓↓↓
給紙口へ
←折り目

それでも、紙詰まりやヨゴレがでたら、用紙の向きを変えてみましょう。

折り目→
↓↓↓
給紙口へ
←折り目

・印刷するプリンターの機種により、毎回印刷するたびに微妙に印字ずれが発生する場合があります。このとき、特に注意が必要なのは、郵便番号枠付の封筒です。

 位置ズレの誤差(機器の癖)を感覚で読み取り、誤差を考慮したレイアウト配置に設定しなければなりません。(あくまでも感です。)多少の練習用封筒が必要になります。

 郵便番号枠のために余分な練習封筒がいるのなら、最初から「郵便番号枠なしの封筒」をお選ぶことをオススメします。

 もともと封筒そのものの郵便番号枠の位置が一定位置になく、枠位置ズレをおこしている不良品?も多々あります。ご注意願います。

 なお、郵便番号が枠と重なっても郵送してくれますからご心配なさらずに!
 ただ、相手に失礼のない程度でお願いします。


 印字ズレが激しい場合は、封筒そのものがプリンタに合わないケースです。
 それでも印刷にチャレンジしてみたい方は、封筒の折り目をしっかりつけてから印刷してみてください。
 (封筒を重ね積みしたとき、なるべくペシャンコ状態になるように努力する!
 やりすぎて、封筒を汚したり、傷つけたり、変に折り癖が付かないように気をつけてください。

・インクジェットプリンタをご使用する場合、インクジェット対応の封筒が好ましいです。
 インクジェット非対応用紙は、インクによるニジミがひどくヨゴレてしまう場合があります。インクは液状のためどうしても避けることができません。
 (ちなみにニジミの少ないリコーのジェルジェットプリンタもやはりニジミはありました。)

・ちなみに、洋型封筒でも

   

より

   

の封筒の方が、トラブルが少ないです。




[ プリンタ事前テスト確認事項 ]
< 共通注意事項 >
・使用できる封筒サイズと厚さ、給紙セット枚数、用紙の向きの確認


一般封筒の場合



↓↓↓
給紙口へ

特にレーザープリンタでの紙詰まり・ヨゴレがでたら、用紙の向きを変えてみてください。



↓↓↓
給紙口へ

 封筒のノリシロ部分(フラップ)を折った状態で、
ノリシロを先してに封筒給紙口へセットしてください。
 ノリシロ部分のヨゴレや引っ掛かりによる紙詰まりを防ぐためです。


・インクジェットタイプの場合はインクの速乾性とニジミの確認。

・封筒印刷時のシワの発生の確認

・手差し給紙機構の確認(洋型封筒は厚くなりますので、厚紙対応操作の確認)

・レーザープリンターの場合、封筒印刷時の定着性の事前確認(洋型封筒の紙質や紙厚により、定着性が異なり、特に注意が必要です)
 ① 貼りあわせ部分にかかる文字が、欠けたり、カスレたりしないか
 ② 印刷した後、印刷文字を指で軽くこすり、定着しているかどうか確認
   (プリンタの設定を封筒または、厚紙モードか確認:プリンタマニュアル参照)

・ご使用機器の取り扱い説明書に記載されている注意事項を確認


封筒・ハガキの印刷メニュー 


タグ : 封筒 洋型 印刷 注意 注意事項 無料 招待状 結婚式 トラブル 対処方法


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。
ハガキ印刷時の注意事項
ハガキ印刷時の注意事項

 招待状ハガキ「宛名・出欠席」両面印刷時の注意事項です

 ・< 共通注意事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項

 ・< ハガキ注意事項 >
    ハガキのみ注意事項

 ・< プリンタ事前テスト確認事項 >
    ハガキ、封筒、案内状 共通注意事項




< 共通注意事項 >

・インクジェットの場合、封筒用紙は上質紙のような紙質ですので色は沈んで少し暗い色になります。
 紙の色によっても色のくすみ方は異なります。

・印刷範囲領域(上下左右)の余白が必要です。

 (1) プリンタ機種仕様による印刷範囲制限を確認しましょう。
   最近の機種は「フチなし印刷」が可能なため問題ありませんが、旧機種の場合確認してください。

 (2) 郵便局では、宛名記載範囲取り決めしています。
   官製はがきを例にすると、上下左:10mm 右:15mmの余白 と 切手の部分:横35mm×縦70mm は、宛名記載対象外としています。

   [ 参照サイト ]
   http://www.post.japanpost.jp/zipcode/zipmanual/p46.htm


 かと言って、上下左右の余白に文字が掛かっていても配達されますので大丈夫です。
 ただ、切手の部分は、消印が付きますので文字と重なり相手に失礼のないようにしてください。

< ハガキ注意事項 >
・ハガキは、多少反り(そり)を付けてからセットしてください。
(左右端が下向き、中央が上向きのそり方[反りの差位10mm以内])



 逆に反った状態で印刷すると、印刷面が汚れるおそれがあります。

 また、片面に印刷後、その裏面に印刷するときは、よく乾かした後、再度図のように反りを付け直してからセットしてください。

・プリンタの仕様にあった厚さのハガキをご使用ください (厚すぎないこと)。
 プリンタの厚紙調整を忘れないでください。

・往復ハガキの場合は、中央に折り目のないものを極力お選びください。

・重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)、紙詰まりになりやすい要因

 ① シワや折り目の付いたハガキを使用した場合
 ② 湿気を含んでいるハガキ
 ③ ハガキの角が反っている場合
 ④ ハガキの紙粉やカット周囲のバリ(紙の繊維が糸状にはみ出していること)がある場合




[ プリンタ事前テスト確認事項 ]
< 共通注意事項 >
・使用できる封筒サイズと厚さ、給紙セット枚数、用紙の向きの確認



・インクジェットタイプの場合はインクの速乾性とニジミの確認。

・封筒印刷時のシワの発生の確認

・手差し給紙機構の確認(洋型封筒は厚くなりますので、厚紙対応操作の確認)

・レーザープリンターの場合、封筒印刷時の定着性の事前確認(洋型封筒の紙質や紙厚により、定着性が異なり、特に注意が必要です)
 ① 貼りあわせ部分にかかる文字が、欠けたり、カスレたりしないか
 ② 印刷した後、印刷文字を指で軽くこすり、定着しているかどうか確認
   (プリンタの設定を封筒または、厚紙モードか確認:プリンタマニュアル参照)

・ご使用機器の取り扱い説明書に記載されている注意事項を確認


封筒・ハガキの印刷メニュー 


タグ : ハガキ 印刷 注意 注意事項 無料 招待状 結婚式 トラブル 対処方法 解決方法


当サイトをご利用になる際は、サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。